読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子は海の匂いがする

黙ることを覚えます

1017

春は彩り、夏の音が聞こえて、秋の匂いが鼻を掠めて、そして冬に死ぬ。

そんな風にして世界は回っているし、私もその繰り返しの末、やがて死ぬ。

死ぬなら夏か冬がいい。

というポエムを思いついたので書き留めておく。

いつか何かに昇華する。

 

さて、脱いだ制服、その生についてより一部抜粋で、少しだけお届けします。

以下、本編より。

 

「大橋くん、逃げたっていいんだよ。巻き込んだのは私だけど、強制じゃないし」だから君は生きたらいいよ。彼女はそう言って立ち上がり、高速道路の下を潜り、海へと続く川を下っていく。僕はその背中を追いかけては振り向かせ、その首を掴んで地面に落とした。彼女は何も言わない。僕は彼女の頬にぼたぼた涙を溢しながら、ゆっくり三日月みたく微笑む彼女を見ていた。僕を憐れんでいた。いとおしんでいた。

「僕は、宮島さんが好きだよ」

「知ってる」

「だから死なないでほしい」

「知ってるよ」

「でも宮島さんは、生きてたって意味がないって言う」

「うん」

「だから僕は宮島さんを殺すし、僕も死ぬ」

「それでいいの?」

「分かんない、けど、そうします」

 ぐっと親指に目一杯の力を籠める。彼女の眉間が歪む。酸素が肺から零れ出す。息が浅くなり始める。そうして彼女は、もう少しで死んでしまう。

ふと、彼女が何かを、声にならない声でつぶやく。

「きみのために、もうすこしいきても、よかったかもね」

 言葉を理解すると、僕はもう耐えられなくなって、彼女を死に至らしめようとした手を緩めてしまう。ああ、そんなことを言われてしまったら、殺せなくなる。

 起き上がり咳き込む彼女を後目に、僕はただ泣いた。

 彼女は喉をひゅーひゅー言わせながら、泣きじゃくる僕をそっと抱きしめてくれた。

 

「私達、何してたんだろうね」

「分かんないよそんなこと」

「そうだね、ごめんね」

「謝らないでよ」

「次は大人になるまでに、死のうね」

 夜中の三時、僕達はもう少し、生きていくことにした。

 

以上。そんな感じの話です。

私はあんまり言ってないけど(言ってるかも?)二人のことが大好きです。

モチベーションを上げるべく、こうして本編をチラ見せしてるんですけど、

肝心の本編発表はいつになるのかと言いますと、今月末になります。

超延びた。延期しまくり。てへぺろ(死語)

でも着実にどっぷり、世界観にハマってもらえるんじゃないかなあとは思ってます。

脱いだ制服を代表作にしようと思ってるわけじゃないけど、

当面は代表作に数えたいね。ってくらい。

ともあれお楽しみに。月末なんてすぐすぐ!

 

 

色々今書いていて、どれもこれもその内、

何らかの形で発表しまくるのですけど何せ最近忙しいったらない。

いいことなんだけど、ちょっとしんどいね。

今が頑張りどきっていうか?だから多少の無理は何ともないっていうか。

とにかく頑張ってます、もう少しお待ちください。

 

そろそろ寝ねば。おやすみなさい。

 

1005

夏の恋人って曲、あるじゃないですか

私あの曲が好きではなくて。

悲劇のヒロインっていうかファッションミュージックだなって、偏見にも程があるって思うんですけど最初はそんな理由で嫌いでした。

でも失恋して、まさしく夏の恋人っていうに相応しい人ができて、きっと私も悲劇のヒロインになれるんだろうなあって思ってました。

 

なれなかったです、私は夏の恋人みたく、なれなかった。

 

 

好きだったんですよ、ほんとに。

自分から好きになって好きですって口にして、幸せだったんです少しだけ。

でも距離があり過ぎた、ずっと一方通行だった。

報われない恋愛は理不尽だった。

報われないって分かってても嫌いにはなれなかった。

 

今でも好きなのは好きです。

ただ、どれだけこっちが求めていても求めてくれない、報われない。

どこまでいっても一方通行で、ああだめだなあって。

夢に見るほど好きだったのに今じゃ諦めながら付き合ってたから、もう別れようって、このままずるずるいっても何にもないって結構前に感じてたけど、もう少し待っていれば何か、あっちから変化があるのかも知れないとか、捨てきれない希望とかもう、馬鹿馬鹿しいとしか思えなくて、疲れてて。

どうして報われないって分かりきってることに時間とか気持ちとかお金とか割かなきゃいけないのそのために生きなきゃいけないのって我に返ったら、もう、耐えられないんですね、本当に冷めるのは早かった。

 

別れたことに後悔はしてないです。

と言いつつ、夢に出てきてどきっとしましたけど。

あの人の痕跡は全部消したし、残すところ記憶とか捨てきれない感情さえどうにかできればそれで、もう。

 

でも、失恋のどうしようもないかなしみは私にしか分からないし分かってほしくないし、このかなしみをほかの人でどうにかしようともしたくないし、っていうかそれはずるいし、とにかく今は、ひとりで整理をつけて飲み込んでしまいたい。

 

言葉にすると少しだけ落ち着きますね。

そんなもんだな。

 

 

台風18号のおかげで休校でした。

でも雨も風もなかったから、材料買いに行って、がま口を作ってました。

ほんとは誰かに会いに行きたかったし、ただただ話を聞くか話すかしたかった。

今の自分が相当に孤独なんだなと気づきたくなかったことに気づいてしまって、ちょっとだけ泣きました。

雨が降らないんで代わりに。

 

失恋したのに今回は泣いてない、ちょっと荒んでるけどなんてことない。


NakamuraEmi - 台風18号 from NIPPONNO ONNAWO UTAU vol.3 MV (short ver.)

1002

もう10月、あっという間です。

そりゃ風も冷たい。

寒がりで暑がりなので、こういう、季節の変わり目がとても好きです。

着る服には少し困るけど。

 

目玉焼きとウインナーに紅茶と、あっさり朝ごはんを母親のために作って、

それからこうしてパソコンの前に居座っているのですが、

なるほど会社に行く夫とかを見送って家で家事に勤しむ妻とはこんな気分か、

と言いようのないさみしさを感じられたので、

こんな風な朝をもう何度か経験したいなあと思いました。

 

人並みには料理ができるとしても、普段こそそんなに料理をしないので、

やっぱり急に朝ごはんを作るだとか、そんなようなことに不慣れで、

それでも母親は少し半熟過ぎた目玉焼きを笑って許してくれたし、

私も作ってよかったなあと思いました。

あったかい朝だ。

 

思えば今日は日曜日なんだよな。

いいことあればいいな。

 

 

そういえば小説の続きを延々と書いているんですけど、

未来は決定しているからその過去をもっと深く書こうと思って書いているけど、

人が生きたあとはどんな人でもすごく、語るべきことが沢山あるんだと思って、

何だかんだもうしばらくかかりそうです。

来週、いや、再来週には、完成できたらいいな。

 

かくいう私は明日から忙しい日々が始まるので、少し腰が引けています。

頑張って行こうという気持ちと、先立つ不安が同居してる。

前向きなのにそうでもない。

でも頑張らなくちゃ。逃げ場なんかないし。

 

ブルーベリーの紅茶なんかはじめて飲んだけど美味しいね。

 

0930

朝がくると何となく、夜のうちにできたことをもっとすればよかったと思う。

例えばあったかい飲み物を片手に星空を見るだとか、夜風に当たって誰かに電話をしてみるだとか、こういう、さみしい気持ちのときに、もっとさみしくなることをすればよかったなあと思う。

 

最近は朝と夜、少し風が冷たくなっていて、雨の日も少しばかり多い。

季節が移り変わっていくのを部屋の窓からじっと見ている。

私は雨が好きだ。

低気圧のせいでどれだけ頭が痛くなろうとも、鬱屈した気分にさせられようとも、雨が降るときの音が好きだし、傘を差すことも好きだし、雨が降って物憂げになる街も好きだ。

そんなことを母親に言うと、疲れてるんだねと一蹴された。

かくいう母は雨が降るととても口数が増える。

母も雨が好きなのではないだろうかと私は何となく思う。

 

さっき適当に作った紅茶の上に、余っていて処理に悩んでいたホイップをかけた。

ウインナーコーヒーみたいで、美味しい。

これからはこういう風に余ったホイップは使おうと思った。

 

隣の部屋から生活音がする。